しみ
Soaking

主なしみの種類と治療法

肝斑(かんぱん)
肝斑

30〜40代女性の頬、口角、額などに左右対象な淡褐色斑として現れます。女性に多く、妊娠時に濃くなることや、経口避妊薬によって引き起こされる事があることなどから、女性ホルモンとの関連が指摘されています。
治療法
内服治療(トランサミン錠
クリーム(トレチノイン+ハイドロキノン
ライムライト(光治療) ※ただし濃い色の肝斑には不適応

 
老人性色素斑
老人性色素斑

中年以降に見られる色素斑です。顔面、手の甲、腕などの日光のあたる部分の皮膚に褐色から濃褐色で、円形から不整形の褐色斑が数個ないし十数個出現します。日常的に繰り返して浴びた紫外線による影響が大きいと考えられています。
治療法
V-Beam(レーザー治療)
クリーム(トレチノイン+ハイドロキノン

 
そばかす
そばかす

顔面に見られる小色素斑です。直径5mmまでの不規則な金平糖のような小色素斑が、両頬から鼻筋にかけて主として日光にあたる部分に数個現れます。遺伝が関連して発症することが多いです。思春期に著しくなります。
治療法
ライムライト(光治療)
クリーム(トレチノイン+ハイドロキノン

  • ※しみの種類によってさまざまな治療法がありますが併用して行う場合もあります。
  • ※しみの種類がわからない場合やご不明点がありましたら、一度カウンセリングでご相談ください。

V-Beam

肝斑

V-beamとは赤あざ(血管腫)の治療目的に開発された医療用レーザーです。従来の赤あざ治療用レーザーとは異なり、パルス幅を変えることが可能となったため従来のレーザーでは治療不可能であった赤あざやしみにも治療効果が得られます。
正常な細胞にはダメージを与えず、あざやしみなどの異常な色素細胞だけを瞬間的に分解し除去することができます。医療用レーザーは安全な人工光線で、紫外線やX線などの有害光線とは異なり、人体に対する副作用も心配ありません。

  • ● 効果
  • しみ
    赤あざ(単純性血管腫、苺状血管腫)
    赤ら顔(毛細血管拡張症)
    下肢静脈瘤(クモ状)
  • ● 治療法
  • しみ治療の場合は3~4日で薄いかさぶたとなり1週間~2週間程度ではがれていきます。レーザー後には照射部位を冷やしてもらうためにアイスパックをお渡しします。
    照射時、輪ゴムで「パチン」とはじかれた程度の痛みがあります。
    施術後は特に制限はありませんが、しみ治療の場合は1週間、軟膏とテープで患部を保護してもらいます。
    終了後は日焼けしないように紫外線対策を心がけて下さい。
  • ● 施術時間
  • 大きさや照射部位によって時間は異なりますが、約2~3分と短時間です。
    ※疾患・肌質・年齢により照射回数や治療の期間は異なりますので、カウンセリング時に直接医師にお尋ね下さい。
料  金
10ショットまで 10,490円
11ショットから1ショットにつき 550円
  • ※金額について:保険承認されていないため、自費診療になります。
  • ※治療後1〜2週間後にお肌の状態チェックを無料で行います。
  • ※しみ取りクリーム(ハイドロキノン)による治療を併用して行っております。

ライムライト

ライムライト

今までの光治療器は白人(欧米)向けに開発された規格を日本人用に設定しなおして使用していましたが、「ライムライト」は日本人の医師が開発段階から携っているため、日本人の肌のために開発された光治療器となっています。肌の色によって設定を変更できるため肌へのダメージをより軽減できます。痛みも従来の光治療器に比べて軽くなりました。(個人差はあります)従来では諦めかけていた薄いしみやそばかすに対しても高い効果がでるようになりました。

  • ● 効果
  • しみ、そばかす、肝斑
    肌質の乱れ
    小じわ
    毛穴の開き
    赤ら顔
    肝斑
  • ● 治療法
  • しみ治療の場合は、3~4日で小さなかさぶたが形成され1週間程度ではがれていきます。症状により異なりますが、約1ヶ月に1回の照射を4回程度受けるのが効果的です。
    症状が改善された後は、メンテナンスのために3ヶ月に1回程度の治療をおすすめします。
  • ● 施術時間
  • 照射は大きさや部位によって異なりますが、顔全体で10分程度です。施術後はお化粧してお帰りいただけます。治療後は特に制限はありませんが、万全の紫外線対策を心がけてください。
料  金
ライムライト(1回) 33,000円
美白コース(4回) 95,940円
クリームでの治療もいたします 詳しくはこちらをご覧ください。

© 2019 Shinsuma Clinic All Right Reserved.