平成30年度 新須磨病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 10 132 103 110 253 325 477 750 542 90
当院の他院患者の年齢階層では70歳台が最も多くなっている。
退院患者全体の約9割が40歳以上、中でも70歳以上で半数を占めており、高年齢化が進んでいるのがわかる。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 28 22.42 20.92 26.9 83.79
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病なし 13 2.25 2.67 0 74.54
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア1 11 14.43 13.46 7.15 85.07
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 11 9.68 6.19 18.34 69.79
060280xxxxxxxx アルコール性肝障害 15.01
糖尿病専門医を中心とした糖尿病治療や肺炎などの炎症系疾患を中心に治療を行っている。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2なし 18 11.22 10.59 0 72.67
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 副傷病なし 17 3 4.41 0 73.59
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 16 2.94 4.96 0 68.75
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患 下肢静脈瘤手術等 12 2.17 2.85 0 69.75
060035xx0101xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 11 25.27 30.09 9.09 73.36
大腸癌や乳癌治療などを中心に行うとともに形成外科などと連携し創傷疾患に対しても治療を行っている。

※”ー”は10人未満の症例
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 87 12.26 14.27 2.3 27.34
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 63 2.05 5.68 0 62.22
160780xx97xx0x 手関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 副傷病なし 42 1.86 4.13 0 39.62
160610xx01xxxx 四肢筋腱損傷 靱帯断裂形成手術等 30 6.53 18.92 0 63.57
160700xx97xx0x 鎖骨・肩甲骨の骨折 手術あり 副傷病なし 25 2.12 6.07 4 48.8
一般整形のみならず、スポーツ障害、手などさまざまな治療が行われている。
また、近年は大腿骨の骨折症例も多くなり、リハビリなど連携を強化しながら早期の自宅復帰や転院が出来る仕組みを構築中である。大腸癌や乳癌治療などを中心に行うとともに形成外科などと連携し創傷疾患に対しても治療を行っている。

※”ー”は10人未満の症例
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050170xx03001x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病あり 15 12.6 11.01 13.33 73.73
070071xx97xx0x 骨髄炎(上肢以外) 手術あり 副傷病なし 11 40.18 31.18 18.18 64.09
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし 10 9.19 12.51 0 59.75
050170xx99001x 閉塞性動脈疾患 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病あり 18.71
080007xx97xxxx 皮膚の良性新生物 その他の手術あり 6.06
当院の形成外科では鼻骨骨折の治療や腫瘍などの治療、血管、創傷疾患まで幅広く治療を行っている。
また、血管・創傷治療に関しては他診療科や協力病院とともに適切な治療を行える体制を構築している。

※”ー”は10人未満の症例
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010010xx9906xx 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等26あり 411 1.79 4 12.65 66.99
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 54 10.2 7.28 5 43.63
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2なし 49 17.49 16.80 10.2 71
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 38 17.95 16.18 34.21 72.89
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 33 16.69 7.35 1.57 73.02
当院では2006年より脳腫瘍等の疾患に対するガンマナイフ治療を開始。現在まで多くの治療実績を上げている。
また、脊椎疾患に対しては脳神経外科医による治療を行っている。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 47 1.68 2.84 0 73.89
入院患者は白内障に対する手術が中心である。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1あり 34 2 2.04 0 54.65
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 21 5.71 5.43 0 40.81
030425xx97xxxx 聴覚の障害(その他) 手術あり 17 8.53 8.32 0 54.53
030425xx99xxxx 聴覚の障害(その他) 手術なし 13 5.23 8.05 0 54.54
030428xxxxxxxx 突発性難聴 13 7.46 9.02 0 62.31
一般耳鼻科のみならず、耳鳴りや外リンパ?など治療を行なっており、近隣のみならず他県からの治療希望者も幅広く受け入れている。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし 15 2 2.53 0 68
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 12 4.33 7.2 0 76.5
11013xxx06xxxx 下部尿路疾患 膀胱結石、異物摘出術 経尿道的手術等 5.64
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1なし 副傷病なし 5.62
110080xx9903xx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 14.55
※”ー”は10人未満の症例
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 23 7.26 6.28 0 49.13
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 20 6.55 6.16 0 45.5
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 19 9.32 9.87 0 50.68
120220xx01xxxx 女性性器のポリープ 子宮全摘術等 16 3 2.96 0 44.31
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり 14 6.86 8.86 7.14 77.71
婦人科は疾患により幅広い年代を対象に色々な治療を行っている。
膠原病リウマチ内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x00x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 15.68
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 20.92
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 19.06
070470xx99x0xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等2なし 15.9
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 17.66
基本的には外来治療にシフトしているが、症状によっては入院治療対応となっている。

※”ー”は10人未満の症例
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 1 7
大腸癌 42 1 7
乳癌 1 7
肺癌 1 7
肝癌 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院における5大癌の取り扱いは主に大腸癌を中心に行っていることがわかる。

※”ー”は10人未満の症例
成人市中肺炎の重症度別患者数等
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症
中等症 28 15.43 83.36
重症
超重症
不明
当院の成人市中肺炎に対する治療は高年齢の中等度症状がある患者を中心に行われている。

※”ー”は10人未満の症例
脳梗塞の患者数等
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 144 22.26 76.14 55
その他 21 20.52 76.81 1.21
発症3日以内の急性期の治療のみならず、慢性期の治療など脳梗塞に対しては幅広く治療を行っている。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 17 5.79 5.13 0 76.24
K610-3 内シャント又は外シャント設置術
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上)
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)
大腸のポリープや胃瘻造設などにの手術を中心に行っている。

※”ー”は10人未満の症例
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 15 0.73 10.27 0 73.87
K6335 鼠径ヘルニア手術 15 0.07 1.8 0 69.47
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 11 0.36 4.55 0 62.09
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術
ヘルニアや乳癌等の手術や他科とともに下肢の血管に対する治療、手術等も積極的に行っている。

※”ー”は10人未満の症例
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K079-21 関節鏡下靱帯断裂形成手術(十字靱帯) 52 0.02 11.54 3.38 26.02
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿) 45 0 0.87 0 43.8
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 39 0.1 2.03 2.56 57.23
K0732 関節内骨折観血的手術(胸鎖,手,足) 32 0.16 1.66. 0 61.25
K069-3 関節鏡下半月板縫合術 28 0 10.25 0 30.68
外傷などの手術のみならず、肩や膝の手術も積極的に行っている。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 22 3.77 8.5 13.64 72.59
K0871 断端形成術(骨形成を要する)(指)
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(肩,上腕,前腕,大腿,下腿,躯幹)
K0841 四肢切断術(上腕,前腕,手,大腿,下腿,足)
K333 鼻骨骨折整復固定術
外傷等の手術のみならず、血管の血流不良に対する創など幅広い手術を行っている。
また、希望者には他診療科の手術の縫合補助などのサポートも柔軟に対応しいる。

※”ー”は10人未満の症例
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 54 1.65 16.33 11.11 71.06
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 21 0.19 12.24 9.52 78.67
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 18 2.17 10.06 9.52 78.67
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 16 3.13 22.19 12.5 71.06
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 16 3.87 19.75 25 59.94
前年度同様、外科的治療は脊椎に対する治療が中心となっているが、徐々に脳血管に対するステント留置治療も行われるようになってきている。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 47 0 0.68 0 73.89
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K327 外耳道形成手術 17 1.35 6.18 0 54.53
K340-5 鼓膜切開術
K368 鼓室形成手術
K340-4 鼓室形成手術(耳小骨温存術)
K297 内耳窓閉鎖術
平成30年7月より地域包括ケア病棟運用に伴い、耳鼻科に関連する治療は当該病棟で施行中。

※”ー”は10人未満の症例
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの) 13 0.54 2.85 0 76
K7981 膀胱結石,異物摘出術(経尿道的手術)
K7812 経尿道的尿路結石除去術(その他のもの)
K783 経尿道的尿管狭窄拡張術
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術
※”ー”は10人未満の症例
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 24 1 7.67 0 51.71
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 24 0.96 5.38 0 45.04
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 23 1.04 5.17 0 52.96
K872-3 子宮鏡下有茎粘膜下筋腫切出術,子宮内膜ポリープ切除術 17 1 1 0 52.96
K867 子宮頸部(腟部)切除術 13 0.77 1.15 0 45.69
外科的治療では子宮の病巣に対する摘出治療を中心に行っているが、近年子宮脱などの臓器脱出に対する治療件数も増えてきている。
膠原病リウマチ内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上)
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合)
K331 鼻腔粘膜焼灼術
※”ー”は10人未満の症例
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる
播種性血管内凝固症候群、その他の真菌感染症、手術・処置などの合併症などに関しては、本年度も10症例未満となっており、入院中に重篤な合併症の発生を抑制できる環境づくりが出来ていると考えられる。

※敗血症:感染症の原因である細菌やウイルス、真菌が、血液中に侵入することがきっかけで起こる全身性炎症性反応を伴う重症感染症

※”ー”は10人未満の症例
更新履歴
2019/9/19
作成