文字サイズ

お電話でのお問合せ 078-735-0001

メニュー

臨床工学科Clinical Engineer

臨床工学科

臨床工学技士(CE:Clinical Engineer)とは
厚生労働大臣の免許を受けて、臨床工学技士の名称を用いて、医師の指示の下に、生命維持管理装置の操作(生命維持管理装置の先端部の身体への接続又は身体からの除去であって政令で定めるものを含む。以下同じ)及び保守点検を行うことを業とする者をいう。
(臨床工学技士法 第1章・第2条より抜粋)

新須磨病院の臨床工学科の目標 3M

Maintenance:医療機器の保守点検を通じて

Make for good relations:患者様や職員間の信頼関係を構築し

Management:安全で良質な医療の提供に貢献します。

スタッフ紹介

臨床工学科では現在9名(男性4名女性5名)の臨床工学技士が勤務しています。
資格取得状況は以下の通りです。

Maintenance:医療機器の保守点検を通じて Make for good relations:患者様や職員間の信頼関係を構築し Management:安全で良質な医療の提供に貢献します。

資格取得状況

  • 透析技術認定士
  • 第2種ME技術認定士
  • MDIC認定
  • 認定ホスピタルエンジニア
  • 3学会合同呼吸療法認定士
  • 臨床高気圧酸素治療装置操作技師
  • 血液浄化専門臨床工学技士

また、資格取得の他に医療機器メーカー主催のメンテナンス講習や学会にも積極的に参加し、技術と知識の向上に努めています。

業務内容

当院の臨床工学科の業務内容は大きく6つに分けられます。

  1. 血液浄化業務
  2. 高気圧酸素治療業務
  3. 呼吸治療業務
  4. ペースメーカ業務
  5. 手術室業務
  6. 医療機器管理業務

1.血液浄化業務

当院の透析室は入院患者様専用です。
良質な透析治療が安定して供給できるように、個人用透析装置の操作・保守点検、水質管理、透析室の災害対策など積極的に取り組んでいます。医師、看護師と共に患者様の血液検査の評価及び透析条件の提案を定期的に行なっています。また、急性期の血液浄化療法・血漿吸着・腹水ろ過濃縮再静注療法にも対応しています。

東レ・メディカル社製 個人用透析装置「TR-7700S・TR-3000S」
ミクニキカイ社製 透析用純水装置「MP-42TLS」
東レ・メディカル社製 血液浄化装置AcuFil Multi 55X-Ⅱ「TR 55X-Ⅱ」

2.高気圧酸素治療業務

2015年に新規導入された高気圧酸素治療(以下HBO)です。気密されたタンクの中に入り、通常よりも高い圧力の中で高濃度の酸素を吸入する治療法です。高酸素化・血管収縮・気泡の縮小・抗菌作用・新血管の形成などの効果が期待されます。各科からの依頼で治療を行なっています。安全に治療を行なうために学会で定められた規約に基づき持ち込み禁止リストを作成し、病棟看護師・HBO担当者・HBO担当医と連携を取り、早急な治療に対応しています。

川崎エンジニアリング社製 第1種装置「KHO-2000S」

3.呼吸治療業務

院内で使用されている人工呼吸器の使用中点検・終業点検を行い、常時、安全に使用出来るように努めています。

ドレーゲル・メディカルジャパン(株)「Savina」

  • 人工呼吸器使用中点検(病棟ラウンド)
  • 終業点検
  • トラブル対応、修理対応等

4.ペースメーカ業務

ペースメーカ外来のフォローアップ、ペースメーカ電池交換術などを行なっています。

  • プログラマーの操作
  • 閾値・波高値の測定

5.手術室業務

手術室には、医療機器が数多くあります。手術が安全に行なわれるために、広範な医療機器の操作や事前の管理が重要になります。2017年には、鈴与システムテクノロジー「自動麻酔記録器」・日本光電(株)「BSM-6000シリーズのモニタ」・電子カルテが連動し稼働を始めました。その際の機器の操作や使用前点検や定期点検、トラブル対応を行なっています。
また、立会い規制に対応する為に、ナビゲーションシステム、自己血回収装置のセッティング・操作を行ない、安全で質の高い医療が提供できるように努めています。

GE Healthcare Japan「エイシスCS2・エスパイア」
アコマ医科工業(株) 「BLANDA-STD」「Vigor21 Ⅱ DX」
日本メドトロニック(株)「Stealth StationⓇ Treatment Guidance Platform」
鈴与システムテクノロジー(株)「ERGA」
日本光電(株)「BSM-6000シリーズ Life Scope TR」
コヴィディエンジャパン(株)無侵襲混合血酸素飽和度監視装置 「INVOS5100C」

  • 麻酔器 使用前点検、トラブル対応、修理対応など
  • ナビゲーションシステム 操作、トラブル対応など
  • 自己血回収装置 操作、トラブル対応など
  • モニタ 点検、トラブル対応など
  • 除細動器 点検、トラブル対応など
  • 血管撮影室にて麻酔器使用 使用前点検、トラブル対応など
  • 血管撮影室 IVUS・INVOS操作・トラブル対応など

麻酔器 使用前点検

ナビゲーション操作

手術室への新規導入装置の説明会

6.医療機器管理業務

医療機器の安全性を確保する為、性能維持できるように保守点検を行い、また中央管理することで効率的に適切な運用が出来るように活動しています。
医療機器管理システムの運用(ME-TOMASS)により1500台以上の医療機器の情報管理を行っており、トラブル対応や修理対応を行っています。

  • 医療機器のスケジュールによる日常点検・定期点検の実施
  • 医療機器の点検計画の立案及び実施
  • 医療機器安全管理研修会・シミュレーション教育の実施
  • 医療機器の中央管理(医療機器管理システムによる管理)
  • 医療機器の修理依頼対応・トラブル発生時の対応
  • 医療機器の取扱書・添付文書の管理
  • 医療機器の消耗品の交換

ME室

院内勉強会・装置別研修1

院内勉強会・装置別研修2