神戸市須磨区の訪問看護・訪問リハビリステーション 北須磨訪問看護・リハビリステーション
北須磨訪問看護・リハビリセンター|採用情報
TOP < 訪問看護師の一日
北須磨訪問看護・リハビリセンター|採用情報
8:30
8:30 出社

事務所で管理者と常勤看護師でミーティングです。
ご利用者様の状態やケア内容について確認をします。
9:15
9:15 事務所を出発!

大きなカバンに処置やケアに必要なものを準備し、車や自転車でご自宅へ向かいます。
9:30
9:30 Aさん宅訪問

本日最初の訪問先は一人暮らしのAさん宅です。
Aさんは尿を出すためのカテーテル(管)が背中に2本入っています。
お風呂に入るためにカテーテルの保護をし、血圧、脈拍、体温やお体の調子を確認。「大丈夫、異常はないですよ」「よかった」と会話をしながら浴室の外でAさんを見守りつつ無事入浴完了。「ああ、お風呂は気持ちいいわ」と嬉しそうな笑顔に朝から元気をもらいました。お風呂の後は、カテーテルを消毒し固定をし直してAさんの本日の訪問は終了。
「また来週おうかがいしますね!」
10:45
10:45 Bさん宅訪問

Bさんは頚髄損傷で四肢の不全麻痺があります。発熱が続き元気がありませんでした。
かかりつけの医師に指示をもらい、毎日点滴を始めて1週間。やっと食欲が出て体温も平熱になってきました。一安心です!
12:00
12:00 事務所に戻ってお昼休み

利用者の様子や誰かの話す最新の医療の情報に耳を傾けたり、家族の話題などでにぎやかです。
13:30
13:30 Cさん宅訪問

Cさんはご長男夫婦と同居しています。体調は安定していますが、ご家族が留守をされる日中の見守りをかねて訪問です。
介助でベッドから車イスに移り、お庭を散歩します。Cさんは98歳になり、介護されるご家族も70代で健康に留意が必要になってきました。
ご家族が体調を崩さないで介護を続けられる方法を一緒に考えています。
15:00
15:00 Dさん宅訪問

本日最後の訪問先であるDさんは、肺がんをわずらい残された時間はあまりありません。ご家族が交代でそばに付き添っています。
痛みや息苦しさなどの苦しい症状がないよう、かかりつけ医と連絡をとりながら対処を検討し、毎日訪問しています。付き添っているご家族が不安を募らせためのケアも大切な仕事です。
Dさんとご家族の一日一日を大切にしたいと思いながら訪問しています。
16:30
16:30 一日の訪問を終えて事務所に戻ります。

カルテに訪問の記録をしながら、今日一日のケアを振り返ります。リーダーナースに報告します。困ったり、悩んでいることを同僚やリーダー、管理者に相談し助言をもらいます。一緒に担当しているケアマネジャーやかかりつけ医と共有した方がよい内容は、電話、ファックス、メールなどでお知らせしたり、相談したりします。
17:00
17:00 勤務終了!お疲れ様でした。
あしたも頑張るぞ!
医療法人社団 慈恵会  北須磨訪問看護・リハビリセンター
〒654-0133 神戸市須磨区多井畑字地獄谷12-2 CNCビル2階
TEL:078-741-4001 FAX:078-741-4002

個人情報保護に関する私どもの考えご相談・お問い合わせ慈恵会グループ
© 2009 Kitasuma Homonkango・Rehabilicenter All rights reserved.